ゆうき耳鼻科院長のBlog

大阪府 茨木市でH23年1月に新規開業しました。 耳鼻科の診療機器の開発や、滲出性中耳炎や耳管開放症については専門的治療を行っています。

2020年 年末年始の診療につきまして

  • 投稿日:
  • by
  • Category:

2020年12月29日(火)午後から2021年1月6日(水)まで休診とさせていただきます。2020-11-06 .jpg

年末は、12月29日(火)午後1時まで診察しております。
年始は、1月7(木)午前9時30分から診察いたします。
当院休診中の急病時は大阪市中央急病診療所等をご利用ください。

マスク着用のお願い

  • 投稿日:
  • by
  • Category:

受診される際は、付き添いの方も含め、マスク着用お願いします

mask_family.png

感染対策の取り組み② 院内換気状態のモニタリング

  • 投稿日:
  • by
  • Category:

当院では安心して受診していただけるよう、様々な感染対策の取り組みを行っております。

接触感染対策として、以前からの紫外線殺菌処理は聴力検査室をはじめ、診察室、待合すべてで毎日行っております。

それに加え、飛沫核感染(エアロゾル、空気感染)対策として、院内の二酸化炭素濃度をモニタリングすることで、密閉空間での感染が起きないようチェックしております。
リアルタイムの院内二酸化炭素濃度がこちらから見えるようにしております。

今の所何ppm以上であれば感染が起こるかといった具体的なデータはありませんが、
およそ1000ppmを下回っていれば室内換気が十分行われていると言われています(厚生労働省資料より)。


当院ではさらに安全を考慮し、より低いレベルの800ppm以下になるように換気をしております。

予防接種の接種間隔が変わります

  • 投稿日:
  • by
  • Category:

2020年10月1日から、異なるワクチン間の接種間隔の制限が、一部撤廃されます。

異なるワクチン間の場合、接種してから次のワクチンを接種するまでに、一定の間隔をあける必要がありました。従来は生ワクチンなら接種してから27日以上、不活化ワクチンなら接種してから6日以上の間隔をあけないと次のワクチンを接種することができませんでした。

しかし、定期接種実施要領の改正に伴い令和2年10月1日から、その制限が一部緩和されることとなりました。

今後は下表の変更後のとおり、
注射の生ワクチン(麻しん風しん混合ワクチン、おたふくかぜワクチン、水痘ワクチンなど)間のみ接種してから27日以上あけることとし、その他のワクチンについては制限がなくなりました

ただしあくまでも異なるワクチン間の接種間隔についてですので、同一ワクチンを複数回接種する際の接種間隔の制限は従来どおりとなりますのでご注意ください。

vac_interval202010.png

診療日程の変更につきまして

  • 投稿日:
  • by
  • Category:

都合により当面の間、土曜日午後の診療を休診とさせていただきます。

土曜日午前は通常通り13時まで診療致しております。

ご不便おかけいたしますが、ご了承の程よろしくおねがいします。sat.JPG

電話再診

  • 投稿日:
  • by
  • Category:

新型コロナウイルス感染症の国内流行を受け、感染拡大防止のための特例措置として、

  • 3ヶ月以内に当院を受診されている
  • 慢性疾患(アレルギー性鼻炎、耳鳴など)の患者さんで
  • 病状が安定している方
  • 保険証が切り替わっていない方

につきましては、電話で体調を確認させていただき、問題なければ処方箋を発行(電話再診)できるようになりました。

電話再診の場合、

  • 処方箋はFAXで当院から院外薬局に送付しますので、当院に来院する必要はありません
  • 再診料、処方箋発行料が発生します(後日精算となります)。

なお、

  • 初診の方
  • 調子が悪い(病状が不安定な)方
  • 注射や処置の必要な方
  • 病状が安定しているが対面受診を希望される方

につきましては、通常通り対面の診療を行います。

【手順】

  1. 診察時間内に電話(072-657-8719)していただき、順番をとってください。いつも行かれているかかりつけ薬局もお知らせください。
  2. 順番が来ましたら、こちらから折り返し電話させていただきますので、医師とお話しいただきます。
  3. 病状、必要な薬、量をお話しいただきます。
  4. 調剤薬局でお薬を受け取ってください。

キャプチャ.JPG

感染対策の取り組み

  • 投稿日:
  • by
  • Category:

新型コロナウイルス感染症の流行が進行し、皆様来院にあたっては感染のリスクを大変心配されることと思います。

IMG_20200410_074715.jpg

現在当院では、毎日診察室、待合室内のアルコール、次亜塩素酸による清拭消毒や紫外線殺菌装置での消毒処置を行うとともに、院内の換気もフル稼働して院内感染のリスクを軽減するよう対策をとっております。

当院には建築基準法基準の倍以上の換気扇を装備しており、これらをフル稼働させるとエアコンをかけていても少々肌寒くなってしまいますが、今は換気を優先した対策をとっておりますのでご了承ください。

IMG_20200410_141539.jpg

かぜシーズンのお願いごと(1日に3回以上病院を受診するのはやめましょう)

ここ数日朝晩の寒暖差が10度以上と、すっかり秋が深まってきた感じです。コメント 2019-10-10 114733.jpg
寒暖差があると、調節が難しいので風邪をひく方もぐっと増えてきます。そしてまたインフルエンザの流行も始まってくるかもしれません。

そこで、急な発熱があったときに気をつけたいことを書いておきたいと思います。

インフルエンザに抗ウイルス剤を使わないメリットは?

今年もインフルエンザの流行が始まり、当院でもインフルエンザの患者さんが増えてきております。001 (2).jpg
以前も「インフルエンザには気をつけつつ、恐れすぎず」ということで、インフルエンザは必ずしもタミフルなどの抗ウイルス剤がないと治らない病気でないことをお知らせしました。
当院では、軽症で基礎疾患(糖尿病、免疫不全などの疾患)がない方には基本的に抗ウイルス薬の処方は行っておりませんが、実際インフルエンザと診断されたのに「特効薬」をもらえないなんて不安だ、早く治したいのに、と思われるかもしれません。
その理由・根拠について当院の治療方針も示しつつ説明したいと思います。