2009年12月アーカイブ

マスクの性能

| コメント(0) | トラックバック(0)
5月に新型インフルエンザ騒動が始まり、医療施設でも一時期サージカルマスクが入手できない状態が続いてきて、大変困っていたのですが、最近は結構流通しているようです。
しかし、どう見ても怪しい表示のものや、本当に「サージカル」に求められる性能がある商品なのでしょうか?
out.JPG
某工具系量販店で売られていた3層マスク(99%ウイルスカットと表示されている)と、以前からサージカルマスクとして信頼して使っているエフスリー社のサージカルマスクとを、マンションの吸気口に1ヶ月間取り付けてみてその効果のほどを調べてみました。

IMG_1505.JPG 喉頭癌などで声帯をとってしまう手術をした人などは、人工喉頭と呼ばれるバイブレータのようなものを顎の下に当てて振動させ、口の動きで声を出したりします。

ALSの患者さんでもできるかもしれませんが、手足が動かせない上に、残存した喉頭も邪魔をしてうまく声にならないようです。

そこでこのような装置を試してみることにしました。

ゆうき耳鼻咽喉科メイン

このアーカイブについて

ゆうき耳鼻咽喉科メイン

このページには、2009年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年10月です。

次のアーカイブは2010年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2018年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ