ブロー氏液の驚異

| トラックバック(0)
ブロー氏液ブロー氏液は、昔抗生剤などなかった頃に中耳炎の治療などで使われていた消毒液ですが、最近その効力が見直されてきている薬剤です。
よく効くという話は聞いていたのですが、正直あまり信用していなくて今まで使ったことがありませんでしたが、ダメ元で使ってみたところ、その効力に驚嘆しました。
早速当院でも酢酸アルミニウム、酒石酸、酢酸を原料に調剤してみました。
今まで治るのに時間がかかっていた、慢性中耳炎の術後耳や外耳道真菌症、鼓膜上の肉芽などの治療期間を大幅に短縮できそうです。

耳漏が止まらない方は一度試してみる価値がありそうです。

劇的に効果のあった方の例をお示しします。
慢性中耳炎術後耳の感染:MRSA+真菌50年ほど前に中耳炎の手術をされましたが、以後耳漏は止まることなく、白い綿毛のような真菌(カビ)も生えています。
細菌検査では、MRSAと多剤耐性緑膿菌が検出されました。

また、三半規管近くの骨も手術で毛づっているため、耳漏で耳が湿ってくると頻繁にめまいを起こされ、日常生活もままならない日々を送ってこられました。

50年来、耳鼻科に毎週のように通院し、耳の掃除消毒などをしてこられましたが、耳漏が止まることはありませんでした。

この方の耳に、ブロー氏液しみこませた綿球を10分くらい入れていただきました。
ブロー氏液は酢酸を含むため刺激があり、この方も少し痛みを訴えられました。

綿球を取り、そのまま帰っていただき、翌週見てみますと、右写真のように耳は完全に乾燥しており、50年来続いためまいも、この1週間は全くなかったとのことでした。07130008.JPG
それ以後3回くらい同処置をしていただいて、現在のところめまいからも開放され、耳漏も止まっています。

すべての方にこのような効果があるとも限りませんが、一度は試してみたい薬剤の一つだと思います。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yuuki-jibika.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/111

ゆうき耳鼻咽喉科メイン

このブログ記事について

ゆうき耳鼻咽喉科メイン

このページは、Kazuhisa YUKIが2011年7月28日 17:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「TRT療法(耳鳴に対する音響療法)」です。

次のブログ記事は「反復性中耳炎の治療(学会口演)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ウェブページ